ニュース
» 2018年02月26日 14時20分 公開

紙+電子の合計は微減:電子コミックスの売り上げ、紙コミックスを初めて上回る

出版科学研究所がコミック市場の販売金額を発表。電子コミックス(単行本)の販売金額が紙のコミックスを初めて上回った。

[ITmedia]

 出版科学研究所は2月26日、2017年の電子コミックスの推定販売金額が紙のコミックス(単行本)を初めて上回ったと発表した。紙のコミックスが前年比14.4%減の1666億円と大きく落ち込んだのに対し、電子コミックスは同17.2%増の1711億円と成長した。

電子コミックスの売り上げが初めて紙に上回った(=出版科学研究所、赤枠は編集部加工)

 市場を支えてきたビッグタイトルの完結、部数規模の縮小、新たなヒット作が出ていないこと、読者の紙から電子へのシフトなどにより、紙のコミックスは過去最大の落ち込みとなった。電子コミックスは無料や値引きキャンペーンによって、完結した過去作品を中心に売り上げが伸長。エロ・グロ要素が強い作品や、BLやTLジャンルの作品も伸びている。しかし無料や値引きの施策が飽和状態にあることや、違法海賊版サイトの影響などがあり、成長率は鈍化している。

 紙と電子を合わせたコミックス市場は3377億円(0.9%減)。コミック雑誌を含めたコミック全体では、4330億円(2.8%減)だった。

 コミック全体(雑誌を含む)の販売金額は、紙が2583億円、電子が1747億円とまだ紙が上回っている。だがコミック誌においては紙が激しく落ち込んでおり、電子が補えていない状態だ。

コミック全体では紙が上回る。しかしコミック誌は紙が激しく落ち込んでいる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -