ニュース
» 2018年03月07日 11時50分 公開

「スマートホームドア」も導入:JR東、首都圏の主要路線「全駅」にホームドア設置へ 2033年春まで

JR東が、33年3月末頃までに首都圏在来線の主要路線全駅にホームドアを設置すると発表。導入範囲の拡大によってさらなる安全性向上を図る狙い。乗降客が1日当たり10万人以上の駅に優先的に設置する。

[ITmedia]

 JR東日本はこのほど、2033年3月末頃までに首都圏在来線の主要路線全駅にホームドアを設置する方針を明らかにした。既に山手線などの計32駅には設置済みだが、導入範囲の拡大によってさらなる安全性向上を図る狙い。乗降客が1日当たり10万人以上の駅に優先的に設置する。

photo ホームドアを設置予定の路線

 ホームドアは従来型のほか、横浜線町田駅に試験導入している、軽量で工期を短縮できる「スマートホームドア」の設置も積極的に進める。

photophoto 従来型のホームドア(=左)、「スマートホームドア」(=右)

 JR東は今後、20年4〜6月までに山手線の東京駅、新橋駅、浜松町駅、京浜東北・根岸線の横浜駅、川崎駅など計62駅にホームドアを設置する。山手線の新駅として20年に開業予定の「品川新駅(仮称)」にもホームドアを設ける計画だ。

 20年10月以降は、山手線の新宿駅、渋谷駅、京浜東北線の大宮駅といった大規模な駅にホームドアを設置する。他路線への整備も進め、26年3月までに常磐線、中央・総武線、青梅線、南武線、埼京・川越線などの計120駅に導入する。

 その後は26年4月〜33年3月末にかけて、残る武蔵野線、横須賀線、京葉線、東海道線などの各駅に順次設置していく予定。

photo JR東のホームドア整備計画

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -