ニュース
» 2018年03月22日 16時00分 公開

2019年度末めどに統合:ANA、ピーチ・バニラ統合を正式発表 東南アジアへの就航拡大

ANAHDが、傘下のLCC、Peach・Aviationとバニラ・エアを経営統合すると発表。LCCを強化し、東南アジアなどへの就航を拡大する狙い。両社の売上高を合算すると、LCC首位ジェットスター・ジャパンを上回って市場トップとなる。

[ITmedia]

 ANAホールディングス(HD)は3月22日、2019年度末をめどに傘下の格安航空会社(LCC)国内2位のPeach・Aviation(ピーチ)と同3位のバニラ・エアを経営統合すると正式発表した。LCCを強化し、東南アジアなどへの就航を拡大する狙い。

 18年下半期から、約1年半をかけてピーチにバニラの事業を移管する計画。

photo 会見に登壇したANA HDの片野坂真哉社長

 ANA HDは「20年以降、ピーチは 50機を超える機材と国内・国際線合わせて50路線以上の規模で、日本とアジアをつなぐ路線ネットワークのさらなる拡充を図り、アジアを代表するリーディング LCC を目指してまいります」とコメント。

 20年度には売上高1500億円、営業利益150億円を目指すとしている。

両社の特徴

 ピーチは関西国際空港(大阪府泉佐野市)が拠点。17年3月期の売上高は517億円、営業利益は63億円、純利益は49億円。使用機材は仏AirbusのA320-200型で、保有数は20機。従業員数は979人(18年3月現在)。

photo Peach・Aviation代表取締役CEO(最高経営責任者)の井上慎一氏

 バニラ・エアは成田国際空港(千葉県成田市)が拠点。17年3月期の売上高は240億円だが、6000万円の営業損失、7億円の純損失を計上している。仏AirbusのA320-200型を14機保有し、従業員数は653人(17年4月現在)。

photo バニラ・エアの五島勝也社長

 両社の売上高を合算すると、LCC首位ジェットスター・ジャパン(528億円)を上回って市場トップとなる。だが一部報道では、ANAHDが両社の独自性を維持する方針を転換することで、現場層がショックを受ける可能性が指摘されている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集