ニュース
» 2018年03月23日 15時55分 公開

IT企業や出版社が競う“激戦区”:ヤフー、マンガアプリに参入 「国内ナンバーワン」目指す

ヤフーがイーブックイニシアティブジャパンと共同でマンガアプリをスタート。今春にリリースを予定する。両社の知見やノウハウにより、電子コミックの国内シェアナンバーワンを目指すという。

[ITmedia]

 ヤフーとイーブックイニシアティブジャパンは3月23日、マンガアプリを今春にリリースすると発表した。ヤフーはこれまで電子書籍サイト「Yahoo!ブックストア」などを運営しているが、マンガに限定したアプリは初。両社の知見やノウハウにより、電子コミックの国内シェアナンバーワンを目指すという。

ヤフーがイーブックイニシアティブジャパンと共同でマンガアプリをリリース

 一定時間待つと続きの話を無料で読むことができる「チケット無料」や、曜日に合わせて人気マンガの続きが更新される「無料連載」など、無料でマンガを読めるアプリ。気に入った作品はアプリ内で購入もできる。

 ヤフーはフロントエンドシステムの開発・運用、ヤフーの他サービスとの連携による集客やプロモーション、「Yahoo!ウォレット」など決済手段の提供を行う。イーブックイニシアティブジャパンはアプリの企画・制作・運営、コンテンツの調達・提供、カスタマーサポートなどを担当する。

 両社は16年に資本・業務提携。「Yahoo!ブックストア」を共同で運営している。

イーブックイニシアティブジャパンのリリース

 マンガアプリはIT企業や出版社が相次いで参入している激戦区。アプリ市場データを提供するApp Annieによると、2017年のマンガアプリの収益ランキングトップ3は「LINEマンガ」(LINE)、「少年ジャンプ+」(集英社)、「ピッコマ」(韓国Kakaoの日本法人カカオジャパン)となっている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集