ニュース
» 2018年03月28日 18時34分 公開

KLabが第三者割当を引き受け:アクセルマークとKLabが資本・業務提携 「幽遊白書」ゲームなど共同開発

アクセルマークとKLabが資本・業務提携を締結。役割分担しながらゲームを共同制作していく。現在はアクセルマーク子会社とKLabが、人気コミック「幽☆遊☆白書」のバトルゲームを開発中。

[ITmedia]

 スマートフォンゲーム開発のアクセルマークとKLabは3月28日、資本・業務提携を結んだと発表した。アクセルマークが実施する約3億5000万円の第三者割当増資をKLabが引き受け、株式の4.7%を取得する。競争が激化するオンラインゲーム市場で高品質なゲームを提供するため、役割分担しながらゲームを共同制作していく。

photo アクセルマークの公式Webサイト

 アクセルマークはモバイルゲームの開発・運営、KLabはゲームの企画と人気IP(知的財産)のゲーム化権獲得に強みを持つ。ノウハウを生かし、現在はアクセルマーク子会社のアクセルゲームスタジオとKLabが、人気コミックをゲーム化した「幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル」を共同開発している。

photo 「幽☆遊☆白書 100%本気(マジ)バトル」の公式Webサイト

 アクセルマークは調達した資金を新規タイトル開発に充当する方針で、今後も2社で大きな投資が必要な案件に取り組むとしている。

 アクセルマークは「本業務提携は(3月に参入した)DApp(ブロックチェーンを活用した分散型アプリケーション)分野にも効果があると考えている」、KLabは「共同開発を進めることで、品質でオリジナリティに富んだ魅力的なゲームのラインアップを拡充する」とそれぞれコメントしている。

photo KLabによる発表

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -