ニュース
» 2018年03月29日 12時25分 公開

池袋に「セガのたい焼き」開店:ゲームセンターが好調なのに、あえてセガが「たい焼き屋」を始める理由

セガ エンタテインメントが「『セガのたい焼き』 池袋店」をオープン。当初のメニューは小倉あんなど5種類だが、セガのゲーム・アニメとコラボしたたい焼きを順次販売する。担当者に“セガブランド”で店舗を運営する理由を聞いた。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 セガ エンタテインメントは3月29日、アミューズメント施設の「セガ池袋 GiGO」(東京・豊島区)にたい焼き店「『セガのたい焼き』 池袋店」をオープンした。サンシャイン通りに面した立地で、同施設の利用者にとどまらず幅広い顧客層の獲得を目指す。当初のメニューは小倉あん(税込150円)など5種類だが、今後はセガのゲーム・アニメとコラボしたたい焼きを順次販売する計画だ。

photo セガがオープンする「セガのたい焼き」池袋店

 メニューなどの監修は、たい焼きチェーン「くりこ庵」を運営するくりこ(横浜市)が担当。くりこは「ポケットモンスター」とコラボした「コイキング焼き」を販売するなど、知的財産(IP)を活用した商品展開に注力している。セガ エンタテインメントは「コラボ商品を多数手掛けている実績を評価し、くりこに監修を依頼した」(担当者、以下同)と意図を説明する。

 他社チェーンを誘致するのではなく“セガブランド”としてたい焼き店を始める理由については、「今後“キャラクター焼き”を販売するに当たって、自社の強みを発揮しやすいと考えたため」という。ただ、コラボするキャラクターや発売時期は「現時点では非公表」。

photo オープン当初のメニュー

なぜ飲食事業に参入?

 スマートフォン向けゲームの普及により、アミューズメント市場が縮小傾向にある中で、セガグループは同分野で一定の成果を得ている。

 セガサミーホールディングス(HD)が2月6日発表した2017年4〜12月期の連結決算によると、全体では減収減益だったものの、アミューズメント施設運営事業は好調。

 プライズ(クレーンゲームなどの景品)を強化したことにより、アミューズメント施設の国内既存店売上高は前年同期比2.1%増に拡大。同事業を含む「エンタテインメントコンテンツ事業」単体の売上高は1.6%増の1579億円、営業利益は12.3%増の173億円と増収増益だった。

 セガグループでアミューズメント施設運営を担うセガ エンタエインメントは15年に飲食事業に参入し、18年2月末の時点でイタリアンレストランやカフェなど6店舗を運営している。メイン事業で一定の成果が出ている中で、同社はなぜ飲食に手を広げるのだろうか。

 担当者は「現在のアミューズメント事業はクレーンゲーム人気で好調だが、今後の見通しは不透明だ。(19年10月の)消費増税が事業に影響をもたらす恐れもあるが、このインパクトを吸収できる体制を築くことが目的だ」と狙いを話す。

 「料理人などの専門スタッフを自社で抱えているため、人的リソースを活用する狙いもある。たい焼き店のスタッフも外部委託ではなく、当社の社員だ」という。

photo セガ エンタテインメントが運営するイタリア料理店「Peccone(ペッコーネ)イオンモール座間」

たい焼き店をチェーン化したい

 飲食事業強化に向けて「セガのたい焼き」をチェーン化し、2店舗目、3店舗目を出店する計画もあるという。担当者は「1号店を『池袋店』としたのはそのためだ」と明かす。

 担当者は「先日プレオープンした際は、訪日外国人などに人気で行列ができていた。今日午前10時のオープン以降も一定の来客がある。売り上げ目標などはコメントできないが、今後に期待したい」と展望を話した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -