ニュース
» 2018年03月29日 15時27分 公開

2021年には3社を合併:みずほFGら、資産管理銀を経営統合 10月に新会社「JTCホールディングス」設立

みずほフィナンシャルグループ(FG)子会社の資産管理サービス信託銀行(TCSB)と、三井住友トラスト・ホールディングスの連結子会社、日本トラスティ・サービス信託銀行(JTSB)は3月28日、経営統合すると発表した。

[中澤彩奈,ITmedia]

 みずほフィナンシャルグループ(FG)子会社の資産管理サービス信託銀行(TCSB)と、三井住友トラスト・ホールディングスの連結子会社、日本トラスティ・サービス信託銀行(JTSB)は3月28日、経営統合すると発表した。統合は2段階で進め、新会社「JTCホールディングス」(HD)を10月1日付で設立し、2021年をめどにJTC HDがTCSB、JTSBを吸収合併する予定。

phot 統合のイメージ図

 新会社JTC HDの資本金は5億円。持ち株比率は、三井住友トラストHDが33.3%、みずほFGが27.0%。

 資産管理業務におけるTCSBとJTSBの経営資源とノウハウを結集し、規模のメリットを追求することで安定的で高品質なオペレーションの実現やシステム強化を目指す。

 TCSBは信託業務に加え生命保険会社からのアウトソーシングサービスなど幅広い業務領域が特徴で、資産残高は384兆円(17年12月末時点)。JTSBは信託業務を中心に預かり資産残高を拡大し、預かり資産残高は276兆円(17年12月末時点)。

phot 経営統合契約書の締結を発表

 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -