ニュース
» 2018年04月05日 13時23分 公開

負債総額1兆9000億円に:17年度、コンプラ違反倒産が増加 「粉飾」原因は前年度の2.5倍

東京商工リサーチの調査で、2017年度にコンプライアンス(法令順守)違反が一因で倒産した企業の件数が195件と、3年ぶりに前年度を上回ったことが分かった。虚偽の決算書や不適切な会計処理などの「粉飾」が2.5倍と急増しており、好業績が目立つ大企業と対照的に、経営不振から抜け出せない中小企業が多い一面を浮き彫りにしているという。

[中澤彩奈,ITmedia]

 東京商工リサーチの調査で、2017年度にコンプライアンス(法令順守)違反が一因で倒産した企業の件数が195件と、3年ぶりに前年度を上回ったことが分かった。虚偽の決算書や不適切な会計処理などの「粉飾」が2.5倍と急増しており、好業績が目立つ大企業と対照的に、経営不振から抜け出せない中小企業が多い一面を浮き彫りにしているという。

phot コンプライアンス違反関連倒産

 法令違反がきっかけに倒産した企業は、16年度の179件から増加。欠陥エアバッグ問題のタカタや、磁気治療器の預託商法で被害者が全国に拡大したジャパンライフ(株)、小学校開校を巡る問題が政権を揺るがす森友学園など、話題になった倒産もあった。

 倒産した195件の負債総額は1兆8775億6200万円と、前年度(約1147億円)の16倍に。タカタ(1兆5024億円)やジャパンライフ(2405億円)などの大型倒産が押し上げた。

 違反の内容別でみると、滞納や脱税などの「税金」関連が69件で最多だった。虚偽の決算書作成や不適切な会計処理などの「粉飾」は25件(前年度10件)と、前年度の2.5倍に急増した。

phot 要因別倒産状況

 働き方改革が推し進められる中、給与未払いや最低賃金違反などの「雇用関連」も17件と、前年度の9件から増加した。

 介護の現場でも違反が多発。介護福祉関連では14件が倒産し、経営不振から介護報酬などを不正請求したケースなどが目立った。

phot 負債額別状況

 集計期間は2017年4月〜2018年3月。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -