ニュース
» 2018年04月05日 19時08分 公開

8期連続の最高益へ:7&iHD、19年2月期は8期連続最高益へ 米コンビニけん引

セブン&アイ・ホールディングスは、19年2月期の連結営業利益が前年比6.0%増の4150億円になるとの見通し。

[ロイター]

[東京 5日 ロイター] - セブン&アイ・ホールディングス <3382.T>は5日、2019年2月期の連結営業利益が前年比6.0%増の4150億円になるとの見通しを発表した。8期連続の最高益となる。米国の中堅コンビニエンスストアのスノコからの一部店舗取得が寄与するなど、米コンビニ事業がけん引する。

photo 4月5日、セブン&アイ・ホールディングスは、2019年2月期の設備投資は前期比2.2倍の7784億円を計画していると発表した。写真は都内で昨年1月撮影(2018年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

トムソン・ロイターのスターマイン調査がまとめたアナリスト16人の営業利益予測の平均値は4197億円となっている。

連結営業収益は同10.7%増の6兆6830億円を計画している。年間配当は5円増配の95円を予定している。

セブン―イレブン・ジャパンの既存店売上高は同1.5%増を見込む。前期の既存店の客数は0.9%減となり、客数増に向けた施策が必須となっている。国内コンビニの新規出店は1500店舗、閉店800店舗、純増は700店舗を計画している。

海外コンビニは14.3%の大幅増益を見込む。今年1月にスノコからの1030店舗取得を完了した。

19年2月期の設備投資は前期比2.2倍の7784億円を計画している。海外コンビニ事業が同5倍の4800億円に膨らむほか、国内コンビニも19%増の1675億円を見込む。

18年2月期の連結営業収益は前年比3.5%増の6兆0378億円、営業利益は同7.4%増の3916億円になった。スーパーストア事業や百貨店事業が減収だったものの、国内外のコンビニ事業の増収でカバーした。国内コンビニでは、人手不足に対応して昨年9月から加盟店が本部に支払うチャージ料を1%減額している。

営業利益は、国内コンビニが0.6%増益にとどまったものの、海外コンビニが17.3%増となり、収益拡大に寄与した。

(清水律子)

Copyright © 2018 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集