ニュース
» 2018年04月10日 17時31分 公開

宿泊施設などの広告を表示:「駅すぱあと」、終電検索した人にピンポイントで広告配信 

乗り換え案内をするアプリ「駅すぱあと」を運営するヴァル研究所は4月10日、「駅すぱあと」で終電を検索したユーザーにピンポイントで広告を配信できる「終電ターゲティング広告」の提供を始めた。

[中澤彩奈,ITmedia]

 乗り換え案内をするアプリ「駅すぱあと」を運営するヴァル研究所は4月10日、「駅すぱあと」で終電を検索したユーザーにピンポイントで広告を配信できる「終電ターゲティング広告」の提供を始めた。

phot イメージ

 同サービスでは、「駅すぱあと」で検索した終電に乗る予定か、終電を逃したと想定されるユーザーに対し、電車以外の交通手段や宿泊施設、翌朝まで営業している店舗などの広告をピンポイント配信する。

phot 「終電ターゲティング広告」画面イメージ

 広告は1画面に付き1社独占配信。店舗誘導や駅周辺を利用するユーザーのターゲティングに最適という。

 同社はこれまで、特定の駅を経路検索したユーザ向けに広告を配信する「駅指定配信」などを提供してきた。

 「駅すぱあと」は累計約820万ダウンロードを突破している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -