ニュース
» 2018年04月12日 19時06分 公開

経営トップが募らせる危機感:日野自動車がVWと包括的連携、狙いは? (1/2)

日野自動車と独Volkswagenは12日、商用車分野において包括提携に向けた協議に入ると発表した。

[今野大一,ITmedia]

 日野自動車と独Volkswagen Truck & Busは12日、商用車分野において包括提携に向けた協議に入ると発表した。自動運転などの次世代技術での連携に加え、アジアに強い日野と欧州での販売力があるVWが互いに生産体制などで保完し合い、シナジー効果を狙う。

phot 日野自動車と独Volkswagen子会社が提携を発表

 日野はトヨタ自動車が50.1%を出資する子会社である。日野の下義生社長は人材育成面などでトヨタグループとしての強みがあることは認めつつも、「商用車が直面している課題はトヨタにいるだけでは解決できない。VWとはお客様に提供できる価値という点で、将来のゴールイメージが合致していた」と、今回の提携の狙いについて語った。今後もトヨタとの関係は変わることはなく、トヨタ側からも今回の提携は賛同を受けたという。

トヨタとの関係に影響はないのか?

 トヨタとVWはグローバルで競争関係にあり、影響が出てくることも考えられる。しかし下社長は、「確かに親会社同氏は競争関係にあるが、これからの自動運転、電気自動車(EV)、環境規制などの課題には乗用車よりもトラックやバスといった商用車がまず取り組まなければならないと感じてきた。それには仲間が必要だった。VWと協業することでよりスピーディーに価値が提供できる」と協業の意義を説明した。

phot 危機感を募らせる日野自動車の下義生社長
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -