調査リポート
» 2018年04月17日 18時52分 公開

人間関係への不満も:社会人の退職理由、トップは「薄給」 若手は「やりたい仕事じゃない」多数

ビジネスパーソンが退職を考えた理由は――エン・ジャパン調べ。

[ITmedia]

 ビジネスパーソンが退職を考えた理由は「給与の低さ」が39%でトップ――エン・ジャパンの調査でこんな結果が出た。2位は「やりがい・達成感を感じない」(36%)、3位は「企業の将来性に疑問を感じた」(35%)だった。

 以下、「人間関係が悪かった」(27%)、「残業、休日出勤など拘束時間が長かった」(26%)、「評価・人事制度に不満があった」(25%)と続いた。一方、「結婚など家庭の事情」(14%)などは少数派だった。

photo ビジネスパーソンが退職を考えた理由は?(=画像はイメージです)

 年代別にみると、25歳以下では「やりたい仕事ではなかった」と答えた人が突出して多かった。退職を考えた経験がある若手からは「説明会では学生時代の勉強を生かせると言われたが、実際は異なる仕事を任されミスマッチだと感じた」「会社は目の前の利益ばかり追求していると思った」――といった意見が出た。

 26〜34歳では「自分の成長が止まった」、35歳以上では「評価・人事制度に不満があった」との答えが多かった。

photo ビジネスパーソンの退職理由

 退職を決めた後に不安な点は、「次の職場が見つかるかどうか」(58%)がトップ。「次の職場でうまくいくかどうか」(43%)、「退職をいつ伝えるか」(39%)――なども多かった。男女別にみると、女性のほうが退職時に不安を覚えやすい傾向がみられた。

 調査は2月26日〜3月27日にかけて、エン・ジャパンのサービス「エン転職」のユーザー8668人を対象にインターネット上で実施した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -