ニュース
» 2018年04月18日 18時54分 公開

「天皇陛下御即位記念」金貨など:発券局職員が記念金貨窃取の疑い、16枚・155万円の不足判明=日銀

日銀は、発券局の職員が、保管している記念金貨のうち計16枚・155万円分を盗んだ可能性が高いことが判明し、警察に被害届を提出したと発表した。

[ロイター]
photo 4月18日、日銀は、発券局が保管している記念金貨の一部を同局の職員が窃取した可能性が高いとして、警察に被害届を提出したと発表した。都内の日銀本店近くで2014年1月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] - 日銀は18日、発券局の職員1人が、保管している記念金貨のうち計16枚・155万円分を盗んだ可能性が高いことが判明し、同日に警察に被害届を提出した、と発表した。

被害があったのは都内にある日銀本店の発券局日本橋発券課で、現在判明している被害は「皇太子殿下御成婚記念」「天皇陛下御即位記念」「天皇陛下御在位記念」の金貨16枚、計155万円。これ以外の被害の可能性についても調査中で、各支店が保管する記念貨も調査する。

4月10日に同行監事が発券局金庫の監査を行った際に、5万円金貨1枚が不足しているのを発見。その後に保管してあるすべての記念貨を調査するとともに、関係局員に調査を行った結果、発券局職員1人が記念貨を鑑査し、袋に収容する作業の過程で抜き取った可能性が高いことが判明した。

日銀では、18日付で当該職員の職務を解き、総務人事局付とし、正式な処分は「捜査の進展を踏まえ、事実関係が確認でき次第、厳正に対処する」としている。

今回の不祥事について日銀は「極めて重く受け止めています。このような事態は、誠に遺憾であり、国民の皆様に深くお詫び申し上げます」とコメント。午後6時半から本店で吉岡伸泰理事と岡田豊発券局長が記者会見を行う。

(伊藤純夫)

Copyright © 2018 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集