ニュース
» 2018年04月25日 18時32分 公開

デジタル時代のスター発掘:C Channel、オーディションアプリを本格始動 TBSや集英社らと連携

女性向け動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelは4月25日、関連会社が提供しているオーディションアプリ「mysta」を本格始動させると発表した。

[中澤彩奈,ITmedia]

 女性向け動画メディア「C CHANNEL」を運営するC Channelは4月25日、関連会社が提供しているオーディションアプリ「mysta」を本格始動させると発表した。今後は東京放送ホールディングス(TBS)や集英社、エフエム東京などのパートナー企業と連携した企画を実施し、”デジタル時代のスター”を発掘していく。

phot オーディションアプリ「mysta」本格始動

 mystaでは、アイドルや芸人、声優などを目指す若手アーティストらが動画を投稿。視聴者は気に入ったアーティストの動画にコメントしたり、アプリ内で購入した絵文字スタンプのような課金アイテムを送ったりすることでアーティストを応援する仕組みだ。

 この応援度合いによってアーティストはランキング化され、上位にランクインしたアーティストには番組やイベントへの出演など、さまざまな活躍の場が与えられるという。

phot オーディションアプリ「mysta」

 課金アイテムを送られたアーティストにはその収益の一部が還元される仕組み。C Channelの森川亮社長は、”応援”はアーティストを支えるための「新しい形のクラウドファンディング」という。

phot パートナー企業

 パートナーはTBSや集英社、FM東京のほか、産経デジタル、松竹、ソフトバンク、ポニーキャニオンの7社。TBSはグループとの連動企画を展開するほか、集英社は10代向け雑誌「Seventeen」との動画企画を進める。

 集英社の田中恵取締役は、C Channelのスマートフォン向け動画配信のノウハウや知見を活かしながら「STモデル(雑誌「Seventeen」の専属モデル)と読者がもっと近づけるようなコンテンツを作っていきたい」と意気込んだ。

 森川社長は「ユーチューバーやインフルエンサーなど、ネットから生まれるスターが増えてきていることに注目しmystaを開始した。現時点では事務所に所属しているアーティストしか動画を投稿できない仕組みとなっているが、今後は”素人”も動画投稿に参加できるように環境を整えていく。ゆくゆくは海外でもサービスを展開してきたい」と、展望を語った。

phot C Channelの森川亮社長

 C ChannelはLINEで社長を務めた森川氏が2015年に創業。メイクやファッション、料理など女性向けのコンテンツを動画で配信する「C CHANNEL」はアジアを中心に9カ国で展開し、月間6億再生を突破。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -