ニュース
» 2018年04月26日 13時58分 公開

新体制では「スピード感」強化:かっぱ寿司、「かっぱのハンバーグ」全国展開へ 新たなファン増やす

「かっぱ寿司」が4月27日から、「かっぱのハンバーグ」の全国展開を始める。一部店舗で実施していたテスト販売で好評を博したためという。洋食メニュー「白いスープカレーラーメン」も発売する。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 回転すしチェーン「かっぱ寿司」を展開するカッパ・クリエイトは4月26日、「かっぱのハンバーグ」を27日から全国の344店舗で販売すると発表した。これまでは仙台中野栄店(仙台市)などの8店舗でテスト販売していたが、好評だったため全国展開に踏み切る。5月9日には「白いスープカレーラーメン」も発売し、洋食メニューを充実させる。

 「かっぱのハンバーグ」は、チーズをかけた「とろっとチーズハンバーグ」(税別390円)、デミグラスソースをかけた「デミグラハンバーグ」(同)の2種類。1店舗当たり日販計20〜30皿を目指す。

photo 「とろっとチーズハンバーグ」(=左)、「デミグラハンバーグ」(=右)

新たなファン増やす

 カッパ・クリエイトの牛尾好智マーケティング部長は「あらびきのビーフ100%で、専門店にも負けない味。年齢を問わず幅広い層がターゲットで、ファミリーレストランの顧客を取り込みたい」と自信を見せる。

photo カッパ・クリエイトの牛尾好智マーケティング部長

 「現在の回転すし市場では、多くの競合が肉メニューを拡充しており、当社も新たなファンを獲得するためにはハンバーグの全国展開が不可欠だと判断した」(牛尾部長)という。

 テスト販売では「やみつきマヨのハンバーグ」も展開していたが、「オペレーションの効率性とテスト販売の結果を考慮し、今回は販売しないことを決めた」(同)と説明する。

 「白いスープカレーラーメン」(税別390円)は本格的なカレー風味のスープを使用しており、すしの“締め”にも楽しめるという。

photo 「白いスープカレーラーメン」

 牛尾部長は「白いカレーが流行していることを踏まえた新メニュー。一風変わったラーメンとして世に出すことで、当社のファンを増やしたい。創作ラーメンのラインアップ拡充も視野に入れている」と意気込む。

新体制では「スピード感」強化する

 カッパ・クリエイトは、2月28日付で退任した大野健一前社長の後任に、コロワイドグループのアトムで社長を務める小澤俊治氏が就任することが内定している。

 牛尾部長は「現在のかっぱ寿司は競争力強化に向け、アイドルとのコラボ、食べ放題の継続、肉メニューの拡充などを進めている。この方針は間違っていないと考えているが、競合のスシローなどと比べ、商品展開のスピード面などはまだ遅れている」とし、「6月からの新体制では、スピード感を改善していきたい」と話している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -