ニュース
» 2018年05月02日 12時28分 公開

「ごく自然なもの」:米Facebook、デートサービス開始へ 独身ユーザー2億人

米FacebookのザッカーバーグCEOは、同社として初めてデートサービスを開始すると発表した。

[ロイター]

[サンノゼ(米カリフォルニア州) 1日 ロイター] - 米フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は1日、同社として初めてデートサービスを開始すると発表した。

photo 5月1日、米フェイスブックのザッカーバーグCEO(写真)は、同社として初めてデートサービスを開始すると発表した。カリフォルニア州で撮影(2018年 ロイター/Stephen Lam)

世界最大の交流サイト(SNS)である同社が成長しつつあるオンラインデーティング市場への参入を示唆したことで、恋愛・結婚マッチングサイト運営の米マッチ・グループなどの株価が急落した。

ザッカーバーグ氏はソフトウエア開発者向け年次会議の「F8」で、人々をネット上で結び付けることに特化するフェイスブックにとり、デートサービスはごく自然なものとなるとの考えを表明。「フェイスブックでは2億人のユーザーが独身だと掲載しており、明らかに何かできることがある」と述べた。

フェイスブックは2004年2月の開始以来、ユーザーが独身かそうでないかを掲載できる仕様になっている。

アトランティック・エクイティーズのアナリスト、ジェームズ・コードウェル氏は、フェイスブックがデートサービスを始めれば、ユーザーがサービスに費やす時間は増える可能性があり、マッチ・グループなど競合企業に「大きな問題」になると指摘。

ただ「当初のサービスはマッチ・グループに比べると比較的基本的なものになるもようで、フェイスブックがオンラインデーティングサービス業界に及ぼす影響は、同社が今後どのようにうまくサービスを提供するかによる」との見方を示した。

マッチ・グループはこの日の取引を約22.1%安の36.71ドルで終了。同社の親会社のIACは約17.7%安の133.33ドルで取引を終えた。フェイスブックは約1.1%高の173.86で引けている。

Copyright © 2018 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -

ITmedia 総力特集