ニュース
» 2018年05月23日 14時20分 公開

芝生広場も:日の出ふ頭に小型船ターミナルと新施設 19年夏開業へ

野村不動産とNREG東芝不動産は5月22日、東京港・日の出ふ頭(港区)の小型船ターミナル整備事業について東京都港湾局と協定を結んだと発表した。

[中澤彩奈,ITmedia]

 野村不動産とNREG東芝不動産は5月22日、東京港・日の出ふ頭(港区)の小型船ターミナル整備事業について東京都港湾局と協定を結んだと発表した。船客の待合所、飲食機能を導入した施設、海辺のテラス席設置、イベント開催にも使える芝生広場などの整備を進め、2019年夏に開業予定。

photo 計画イメージ
photo 全体計画概要
photo 日の出ふ頭小型船ターミナルにおける取組

 芝生広場では周辺地域や企業と連携したイベントの展開を計画。著名クリエイターの齋藤精一氏と小橋賢児氏を企画アドバイザーに迎え、従来の不動産業界の手法に捉われない運営や企画を目指す。

 現在閉鎖されている竹芝・日の出間の管理用橋梁では、ライトアップや、芝浦・日の出間の一部信号・横断歩道を計画地付近に移設してアクセス性を改善させるなどして回遊性を強化する。

photo 広場を活用したイベント展開(音楽イベントのイメージ)
photo 広場を活用したイベント展開(スポーツイベントのイメージ)
photo 新たな共創プラットフォーム「みんなのイゴコチ会議」(ホームページ)

 野村不動産グループが運営するWeb上のプラットフォーム「みんなのイゴコチ会議」を通じ、同計画に関する情報発信をしていくほか、寄せられた意見や議論などを同計画運営に反映させるという。

photo 「芝浦一丁目計画(仮称)」(ツインタワーのイメージ)

 同計画は大規模複合施設開発などを進める「芝浦一丁目計画(仮称)」の関連事業。芝浦・浜松町エリアの認知度を高めるため、他の地区などとも連携しつつ開発を進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -