ニュース
» 2018年05月24日 13時11分 公開

年末には2万5000ドルまで上昇?:ビットコインは7500ドル台まで下落 米国とカナダでの規制強化発表が影響か

ビットコインは5月24日に入り7500ドル台まで下落した。その他の仮想通貨もおおよそ下落が続いている。

[中澤彩奈,ITmedia]

 ビットコインは5月24日に入り7500ドル台まで下落した。その他の仮想通貨もおおよそ下落が続いている。

 米CNBCの報道によると、背景には北米証券監督協会(NASAA)に率いられる形で米国とカナダの規制当局が22日に、仮想通貨の投資スキームに対する取り締まりを強化すると発表したことがあるようだ。

 40以上の州や地方の監視機関が”仮想通貨一掃作戦(Operation Crypto-Sweep)”に今後参加するという。この作戦では既に少なくとも70件の調査が実施されている。

photo 米CNBC公式Webサイト

 米仮想通貨投資機関BKCMの創業者であるブライアン・ケリー氏は「長期的にみると市場が成熟するために必要なことの1つである」と、このプロジェクトを評価し、市場センチメントには短期的にしか影響しないとした。

 「このプロジェクトでは取り締まられるべきものが取り締まられる」と語った。

photo 仮想通貨チャート=Cryptocurrencies by Market Capitalizationsより

18年末までにビットコインは2万5000ドルまで上昇

 「18年末までにビットコインは2万5000ドルまで上昇する」と予想する米投資調査会社Fundstrat Global Advisorsの共同創設者であるトーマス・リー氏は5月23日、米CNBCにコメントした。

photo 米CNBC公式Webサイト

 足元の下落基調は典型的な仮想通貨のボラティリティの範囲内とし、リー氏は「年末までに2万5000ドルまで上昇するだろう」と、強気な姿勢を崩さなかった。

 「仮想通貨の規制などが未だ不透明であることから仮想通貨への投資を足踏みしている機関投資家もいるので、そのような投資家が今後参入してくる余地があることなどを考慮すると、ビットコインは今後上昇する」とした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -