ニュース
» 2018年05月31日 11時15分 公開

客離れに歯止めかけられず:シダックス、カラオケ事業から事実上撤退 「カラオケ館」運営元に譲渡

シダックスが、カラオケ事業から事実上撤退する方針を発表。「カラオケ館」運営元のB&Vに譲渡する。今後は、企業の給食事業などに経営資源を集中する。

[ITmedia]

 シダックスは5月30日、カラオケ事業から事実上撤退する方針を明らかにした。カラオケボックス「シダックス」の運営子会社シダックス・コミュニティーの持ち株81%と、同社に対する約97億円の債権を、6月7日付で「カラオケ館」運営元のB&Vに譲渡する。今後は、企業や学校の給食、送迎、清掃などを受託する事業に経営資源を集中する。

photo シダックスがカラオケ事業から事実上撤退

 客離れや競争激化により、シダックス・コミュニティーは業績の落ち込みが続いており、2018年3月期の営業損益は12億5000万円の赤字、純損益は24億円の赤字を計上。32億6000万円の債務超過に陥っていた。不採算店舗の閉店などによって赤字幅の縮小に取り組んでいたが、抜本的な改善に至らなかったため譲渡に踏み切ったとしている。

 シダックスは株式の譲渡後も、シダックス・コミュニティーにカラオケボックス向けの業務管理システムと会員管理システムを引き続き提供する。食材や消耗品の販売と配送も継続する。B&Vはシダックス・コミュニティーに経営指導や資金提供を行い、既存店舗のリニューアルやオペレーション改善を実施。課題である原価率の改善を図っていく。

 シダックスは郊外、B&Vは繁華街を中心に出店してきたため、譲渡後に「シダックス」「カラオケ館」の両チェーンが競合する恐れはないという。

photo シダックスによる発表

 シダックスは「当社が培ってきた『レストランカラオケ』の高級感や食材の一元調達に関するロジスティクスと、B&Vの高度な店舗運営ノウハウや出店場所のリサーチ力を統合することで、迅速な事業改善が可能になるだろう」とコメント。「B&Vとの相乗効果により、今後は新規マーケットの開拓や市場の創出につなげたい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -