ニュース
» 2018年06月01日 22時07分 公開

Tokyo International BarShowが開催:働く女性にジンをアピール お酒の世界もボタニカルがブーム

都内で開かれたアルコール・バー業界の世界的なイベント「Tokyo International BarShow 2018」では出展ブースの多くがジンをアピールした。

[ITmedia]

 ボタニカルの化粧品やヘアケア商品が昨今のトレンドになっている。ボタニカルとは「植物」あるいは「植物由来の」という意味。このボタニカルの人気の波がアルコール飲料にも押し寄せているのだ。

 この時点でピンと来る方はきっとお酒好きだろう。ボタニカル系の代表的なアルコールがジンである。ジンは、ベースになるスピリッツにジュニパーベリー、コリアンダー・シード、レモンピールなど数種類のボタニカルの風味を加えた蒸留酒。最近は海外や日本でも造り方や素材などにこだわった「クラフトジン」がブームになっている。ジンの国内市場も右肩上がりだ。

女性向けのパッケージデザインや素材で各社ともジンをアピール。写真は「Tokyo International BarShow」に出展したKOVALのブース 女性向けのパッケージデザインや素材で各社ともジンをアピール。写真は「Tokyo International BarShow」に出展したKOVALのブース

 そんな盛り上がりをこのたび都内で行われたアルコール・バー業界の世界的なイベント「Tokyo International BarShow 2018」でも垣間見ることができた。

会場の様子 会場の様子

 ブース出展するのは、サントリースピリッツやキリンビール、アサヒビールなど国内大手メーカーだけでなく、アルコール専門商社や国内外の小規模な酒造メーカーなど幅広い。そのブースの大半が主力商品としてジンをラインアップ。さらにはボタニカルというキーワードをアピールしていた。

著名なバーテンダーによるジンを使ったオリジナルカクテル 著名なバーテンダーによるジンを使ったオリジナルカクテル

 商品のコンセプトやボトルのパッケージデザインなどには自然を感じさせるものが多く、会場でも女性客の目を引いていた。出展者の1人に聞くと「会社帰りにバーで軽く飲んで帰るような働く女性が増えている。そうした方々にぜひジンも飲んでほしい」とのこと。

サントリーの「ROKU GIN」 サントリーの「ROKU GIN」
ジンの代表的なブランドであるボンベイ・サファイア ジンの代表的なブランドであるボンベイ・サファイア
ドイツのラインラント地方で生産される「ジークフリート ドライジン」 ドイツのラインラント地方で生産される「ジークフリート ドライジン」
泡盛をベースに、シークヮーサーやゴーヤーなどのボタニカルを加えた沖縄初のクラフトジン「まさひろオキナワジン」 泡盛をベースに、シークヮーサーやゴーヤーなどのボタニカルを加えた沖縄初のクラフトジン「まさひろオキナワジン」
京都蒸溜所のドライジン「季のTEA」「季の美」 京都蒸溜所のドライジン「季のTEA」「季の美」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -