ニュース
» 2018年06月07日 12時09分 公開

ボディー大型化:BMW、新型「X5」初公開 プレミアムSUVを5年ぶり刷新 (1/4)

BMWがSUV「X5」を5年ぶりにフルモデルチェンジした新型を初公開。

[ITmedia]

 独BMWは6月6日、SUV(スポーツタイプ多目的車)「X5」を5年ぶりにフルモデルチェンジした新型を初公開した。今年11月から市場投入する。

photo 新型「X5」

 プレミアムブランドによるSUVの先駆けとなった「X5」の4代目。ボディーサイズは4922(全長)×2004(全幅)×1745(全高)ミリに大型化した。

 エクステリアデザインはキープコンセプトながら、直近のBMW「X」モデルと共通のデザイン言語に基づき、大型化したキドニーグリルが目立つフロントなどを採用して刷新。462PSを発揮するV型8気筒エンジン搭載の「xDrive50i」と400PSの直列6気筒ディーゼルエンジン搭載「M50d」などをラインアップする。

 インテリアでは、メーター部に12.3インチディスプレイを採用し、様々な情報を表示する「BMW Live Cockpit Professional」を初採用。表示面積を拡大したヘッドアップディスプレイなど、最新技術もふんだんに搭載している。

 デザインラインは、SUVらしさを強調する「xLine」とスポーティーな「M Sport」の2種類。オプションとして「オフロードパッケージ」を初めて用意し、エアサスペンションやフロント・リアのガード、4輪駆動モードをボタンで切り替えられるパネルなどを装備できる。BMWとして初の22インチホイールをオプションで設定した。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -