ニュース
» 2018年06月11日 14時50分 公開

次は7月14日:みずほFG、1回目のシステム移行を乗り切る 「大きな問題なし」

みずほフィナンシャルグループ(FG)は6月11日、全9回に及ぶ次期勘定系システムへの移行の第1弾を乗り切ったことを明らかにした。移行作業に伴う大きな問題は起きなかったという。

[中澤彩奈,ITmedia]

 みずほフィナンシャルグループ(FG)は6月11日、全9回に及ぶ次期勘定系システムへの移行の第1弾を乗り切ったことを明らかにした。移行作業に伴う大きな問題は起きなかったという。

photo みずほフィナンシャルグループ公式Webサイト

 ITmedia ビジネスオンラインの取材に対し、みずほFGの広報担当者は、「移行に伴うオンラインサービスの臨時休止を6月9日午後10時〜11日午前8時に行っていたが、この間も顧客トラブルなどを含め大きな問題は起きなかった。現時点でもシステムは順調に稼働している」と、システム移行が計画通りに進行していることを強調した。

 「2回目以降のシステム移行も現在発表しているスケジュール通りに実施する予定だ」という。

photo 次期勘定系システムへの移行スケジュール=みずほフィナンシャルグループの発表より

 2回目のシステム移行は7月14日に実施する予定。オンラインサービス臨時休止期間は7月14日午前0時〜17日午前8時となる。この間は、オンラインサービスや全てのATMでみずほ銀行やみずほ信託銀行のキャッシュカードが利用できなくなる。

 みずほFGは過去に2回の大規模なシステム障害を起こした経験を持つ。2002年4月に起きた障害は、第一勧業銀行と富士銀行、日本興業銀行の旧3行を統合して「みずほ銀行」に再編する際のシステム統合で不具合が生じたためだった。2回目は、11年3月の東日本大震災発生時に特定の口座に大量の振込が集中したことが原因だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -