ニュース
» 2018年06月14日 16時36分 公開

走行中エンジン停止の恐れ:スバル「レガシィ」「インプレッサ」23万台リコール

SUBARUが「レガシィ」「インプレッサ」計23万2708台をリコール。

[ITmedia]

 SUBARU(スバル)は6月14日、「レガシィ」「インプレッサ」の燃料ポンプに問題が見つっかったとして、計23万2708台のリコールを国土交通省に届け出た。走行中にエンジン停止などが起きる可能性があるという。

photo 4代目「レガシィ」

 対象は、2004年4月〜09年4月に製造したレガシィ計約19万6000台と、07年5月〜09年9月に製造したインプレッサ計約3万4000台。

 燃料ポンプにつながるワイヤハーネスの材質が不適切なため、コネクター端子の接触が悪くなり、導通不良となることがあるという。その結果、ポンプが作動せず、走行中のエンジン停止や始動不良が起きる恐れがあるという。

 57件の不具合報告があったが、事故はなかったという。

photo リコール対象箇所=国交省のニュースリリースより

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -