ニュース
» 2018年06月21日 13時22分 公開

公約だった:カナダ、10月17日に大麻解禁 主要国で初

カナダのトルドー首相は、嗜好用としてのマリフアナ(乾燥大麻)を10月17日に解禁すると発表した。

[ロイター]
photo 6月20日、カナダのトルドー首相は、嗜好(しこう)用としてのマリフアナ(乾燥大麻)を10月17日に解禁すると発表した。主要国の中で大麻が解禁されるのはカナダが初めて。オタワで会見する同首相(2018年 ロイター/Chris Wattie)

[トロント 20日 ロイター] - カナダのトルドー首相は20日、嗜好(しこう)用としてのマリフアナ(乾燥大麻)を10月17日に解禁すると発表した。主要国の中で大麻が解禁されるのはカナダが初めて。

上院では成人の大麻使用を承認する法案が19日に通過していた。政府高官によると、総督が21日に署名する見通しで、これを経て最終的に法案が成立する。

トルドー首相は2015年の総選挙で大麻解禁を公約に掲げていた。

カナダ統計局によると、2017年の国内大麻市場の規模は57億カナダドル(42億8000万米ドル)。

トロント株式市場では関連銘柄が買われ、大麻生産最大手のキャノピー・グロースは6.7%、2位のオーロラ・カナビスが4.7%、3位のアプリアは4.2%、それぞれ上昇した。

Copyright © 2018 Thomson Reuters

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -