ニュース
» 2018年06月21日 17時40分 公開

「議員としての発言で、当社とは無関係」:「肺がん患者にヤジ」の自民議員が元社長 ジョイフル、将来の「全面禁煙化」表明

ジョイフル元社長の穴見陽一議員が、衆院厚生労働委員会で肺がん患者に「いい加減にしろ!」とやじを飛ばした。取材に対し、同社は「国会議員としての発言で、自社とは無関係」と回答。将来的な「全面禁煙化」を表明した。

[濱口翔太郎,ITmedia]

 自民党の穴見陽一衆院議員が、受動喫煙対策が議論された衆院厚生労働委員会(6月15日開催)で、参考人の肺がん患者が意見を述べている最中に「いい加減にしろ!」などとやじを飛ばしたと報じられた。穴見氏はファミリーレストラン「ジョイフル」の元社長。ジョイフルは「あくまで国会議員として述べたもので、当社とは無関係」とした上で、店舗の全面禁煙化を進める方針を明らかにした。

 穴見議員のやじはBuzzFeed Japanが21日に報じた

photo ジョイフルの店舗外観(=公式Webサイトより)

 報道を受け、Twitterなどでは「次回の選挙では落選させるべきだ」「責任を取って辞職すべきだ」「(やじを飛ばした)意味が分からない」――といった批判が殺到した。

 穴見議員は21日午後に公式Facebookを更新。「心からの反省と共に深くおわび申し上げる」「参考人のご発言を妨害するような意図は全くなく、喫煙者を必要以上に差別すべきではないという思いで呟いた」と釈明した。

渦中の穴見議員はファミレス「ジョイフル」元社長

 渦中の穴見議員だが、実は全国に計801店舗を構えるファミリーレストランチェーン「ジョイフル」(福岡証券取引所上場)創業者の長男で、2003〜08年と11〜12年の2度にわたって社長を務めた経歴を持つ。

 現在は「相談役」ながら代表取締役であり、17年12月末現在で95万5300株(3.2%)を保有する第4位株主(個人では2位)でもある。

photo 穴見議員はジョイフルの第4位株主だ(=IR資料より)

現在のジョイフルは「分煙」のみ

 ジョイフルは現在、全面禁煙化は行っていない。直営店の732店舗のうち308店舗では、「気流を調整して煙が禁煙席に流れない仕組みを設けている」(広報室)というが、残る424店舗とフランチャイズ店では、席を分けた分煙にとどまる。ネット上には、「禁煙席に煙が流れてくる」「服がたばこ臭くなる」といったレビューが投稿されている。

 同社によると、穴見議員は喫煙者だという。こうした店内の状況は、同議員の“喫煙者を必要以上に差別すべきではない”との価値観が多少なりとも影響しているのだろうか。

photo 穴見議員のプロフィール。実は喫煙者だという(=公式Webサイトより)

ゆくゆくは全面禁煙化を

 ITmedia ビジネスオンラインの取材に対し、ジョイフルは「今回の件は非常に申し訳なく思っている。だが、衆院厚生労働委員会での発言はあくまで国会議員として述べたものであり、当社とは無関係だ」(広報室、以下同)と回答した。

 「『分煙できていない』との批判は承知しており、真摯(しんし)に受け止めている」とし、「今後は分煙化の仕組みを整えるつもりだが、ゆくゆくは全面禁煙化を進めたいと考えている」という。

 全面禁煙化に踏み切る要因は「(飲食店など屋内施設を原則禁煙とする)『健康増進法改正案』が今国会で成立間近になっていることを踏まえたため」というが、「実施の時期や具体的な計画については答えられない」とした。

 今回の問題が、ブランドイメージや来客数に影響を及ぼすのではないか――という質問に対し、同社は「さまざまなご意見があったことは事実」と回答した。飲食店チェーンが相次いで全面禁煙化を進める中、ジョイフルはこれを実現できるか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -