連載
» 2018年07月03日 06時00分 公開

長浜淳之介のトレンドアンテナ:行列ができるまでに復活! 「東京チカラめし」の反転攻勢 (1/5)

かつて急成長したが、失速するのも早かった東京チカラめし。現在は全10店を営業するにとどまるが、実は店舗に行列ができるまでに“復活”しているという。再成長できるかどうか、検証する。

[長浜淳之介,ITmedia]

 焼き牛丼専門店「東京チカラめし」が、不採算店の整理を終え、反転攻勢を開始した。一時は東京を中心に最大160店ほどにまで急成長したが、現在は全10店で営業するにとどまる。今回は東京チカラめしがかつてのように再成長できるかを検証していきたい。

photo 東京チカラめしの店舗外観

初の試みとなる「誕生祭」「プラチナカード」

 6月7〜10日の4日間、東京チカラめしは1号店である池袋西口店のオープン日にちなんだ「誕生祭」を初めて開催した。メニューが異なる半蔵門店を除く全9店で、通常450円(税込、以下同)の焼き牛丼(並)を、創業当時と同じ280円で提供した。

 また、7月1日〜8月15日まで、焼き牛丼が割引になるといった特典がつくプラチナカードを、1枚500円で発行して拡販につなげる。プラチナカードは1万5000枚限定で販売するが、誕生祭同様、同チェーンでは初の試みとなる。プラチナカードは関西の店舗では利用できず、有効期間は9月30日までだ。

 プラチナカードには8つの特典があり、期間中は何度でも利用可能だ。丼・定食・カレーを注文した際、カードを提示すればそのうち1つの特典が無料で受けられる。8つの特典とは、「丼が無料でワンサイズアップ」「ちょこっと麻婆豆腐」「サラダ&玉子セット」「サラダ&キムチセット」「ちょこっとカレー」「ソフトドリンク1本」「唐揚げ2個」「トッピングチーズ」であり、いずれも無料だ。

photo プラチナカードの概要
photo 唐揚定食梅肉ソース味にちょこっとカレーをプラス
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -