ニュース
» 2018年07月17日 18時16分 公開

最終候補3案発表:“大人の事情”で名前が変わる「キリンラーメン」、新名称を「総選挙」で決定へ

「キリンラーメン」を販売する小笠原製粉が、同商品の新しい名称候補が3つの案に絞られたと発表。「諸般の事情」によって新名称を一般から募集していた。今後は投票によって最終決定する。

[ITmedia]

 愛知県民の“ソウルフード”として親しまれてきた即席麺「キリンラーメン」を販売する小笠原製粉(愛知県碧南市)は7月17日、同商品の新しい名称候補が3つの案に絞られたと発表した。1965年から半世紀にわたって販売してきたが、「諸般の事情」で変更を余儀なくされたとし、新名称を一般から募集していた。同日から投票を受け付け、新名称を決める予定。

photo 「キリンラーメン」の概要(=公式Webサイトより)

「ヘキナン」「キリマル」「オガサワラ」から決定

 新名称は5月末から6月中旬にかけて、公式WebサイトやFacebook、Instagramなどを通じて募集。1万753通の応募があったという。

 同社が最終候補に選んだのは、(1)「地元愛」がテーマの「ヘキナンラーメン」、(2)良い意味のある「マル」を取り入れた「キリマルラーメン」、(3)「社名と共に末永く愛されてほしい」との思いが込められた「オガサワララーメン」――の3案。

photo 今後は「総選挙」で新名称を決定する(=公式Webサイトより)

 今後は「キリンラーメン新名称総選挙」と銘打ち、Webサイトで7月17日〜31日にかけて投票を受け付ける。採用する案は8月1日正午に発表する予定。名称を変えた商品は、今年秋に発売する計画という。

飲料大手キリンと係争中

 共同通信の報道によると、同社は商標権を巡り、大手飲料メーカーのキリンと東京地裁で係争中という。ただ、小笠原製粉は「キリンラーメン」に「末永く親しみやすい商品になってほしい」との思いを込めたとしている。

photo 「キリンラーメン」の名前が変わる背景(=公式Webサイトより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -