ニュース
» 2018年09月13日 11時42分 公開

総務省の事業で:長野で最少人口の村に超高速ブロードバンドが入る

長野県で最も人口の少ない自治体である平谷村と、売木村で超高速ブロードバンド基盤が整備されることになった。総務省が推進する事業の一環で。

[ITmedia]

 都市部では当たり前のように光ファイバなどの超高速ブロードバンド通信が可能だ。しかし全国にはまだ基盤整備されてないエリアがある。そうした中、長野県で最も人口の少ない自治体である平谷村と、売木(うるぎ)村で超高速ブロードバンド環境が用意されることになった。

超高速ブロードバンド環境が用意されることになった長野県平谷村(出典:同村サイト) 超高速ブロードバンド環境が用意されることになった長野県平谷村(出典:同村サイト

 総務省は過疎地域や離島など「条件不利地域」を有する地方自治体に補助金を出して整備を推進しており、このたび両村が選定された。全195世帯の平谷村には374万2000円、全287世帯の売木村には344万9000円が交付される。

 自治体に交付される補助金の割合は3分の1だが、財政力指数が0.3未満の市町村は2分の1、離島市町村は3分の2が国から補助される。

総務省「情報通信基盤整備推進補助金」の概要 総務省「情報通信基盤整備推進補助金」の概要

 同事業は2016年度から始まり、約30自治体がこの制度を活用して基盤整備している。既に99%以上の自治体で超高速ブロードバンド通信が可能。総務省の担当者によると、いまだ整備されていないのは全国17自治体で、主に離島だとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -