ニュース
» 2018年10月11日 11時50分 公開

総合スーパー止めコンビニに注力:ユニー・ファミマ、ドンキにユニーを売却 (1/2)

ユニー・ファミマがドンキに総合スーパー・ユニーの全株式を売却する。総合スーパー事業が不振のためサークルKサンクスをファミマに転換してコンビニに注力する。

[服部良祐,ITmedia]

 ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)は総合スーパー(GMS)子会社であるユニーの全株式をドンキホーテホールディングス(HD)に売却する。ユニー・ファミマHDとドンキHDの両社が10月11日に発表した。

photo ドンキHDがユニーと共同開発したMEGAドン・キホーテUNY大口店(横浜市)

 ユニー・ファミマHDは不振のGMS事業を切り離す形になる。11月をメドにユニー傘下のコンビニエンスストア、サークルKサンクスの店舗のファミリーマートへのブランド転換が完了することもあり、コンビニ事業に注力する。一方でドンキHDは買収を通じて「コト消費」に特化した独自の店舗戦略をユニーの店舗にも適用してシナジー効果を発揮したい考えだ。

 ユニー・ファミマHDは2017年8月にドンキHDと資本業務提携を結び、ドンキHDがユニー株の40%を保有していた。残りの60%についてもドンキHDが買い取る。株式の譲渡は2019年1月を予定している。また、ドンキHDは同年2月に社名を「パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス」に変更すると発表した。

 ユニー・ファミマHDは16年9月にファミリーマートとユニーグループ・ホールディングスが統合して発足した。統合当時には約6000店あったサークルKサンクスの店舗網を傘下に収めるのが狙いだったが、不振が続くGMS事業の方の自力再生は難しかったとみられる。11月に店舗の転換が完了して国内では約1万7000店となるファミマブランドで、コンビニ首位のセブン−イレブン・ジャパンを本格的に追撃する態勢を整える。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -