ニュース
» 2018年11月06日 18時56分 公開

外出時間を削減:“置きコカ・コーラ”始まる 小規模な職場向け飲料サービス、キャッシュレスで

コカ・コーラ ボトラーズジャパンが、小規模オフィス向けの飲料提供サービスを開始。サービス名は「Coke mini」。小型機材で飲料を販売する点と、決済方法をキャッシュレスに限定した点が特徴。

[ITmedia]

 コカ・コーラ ボトラーズジャパンは11月6日、小規模オフィス向けの飲料提供サービス「Coke mini(コーク ミニ)」を始めた。自動販売機の設置場所を確保できない職場向けに、専用の小型機材で飲料を販売し、購入はスマートフォンによるキャッシュレスに限定することで管理を容易にした。

 全国に約88万2000カ所あるという、従業員数が10人以上30人未満の事業所がターゲット。年内は東京都内限定で展開し、2019年から他地域に拡大する計画。

photo 「Coke mini(コーク ミニ)」専用の小型機材(=ニュースリリースより)

 決済方法は「LINE Pay」「楽天ペイ」のみとし、現金の管理は不要。利用者は、決済用のスマートフォンアプリを起動し、買いたい商品のQRコードをスキャンし、決済完了画面を確認するだけで飲料を購入できる。

photo 購入の仕組み(=ニュースリリースより)

 決済データを活用した在庫管理にも対応。顧客が商品を買うと、同社にリアルタイムで売り上げ情報が送られる仕組みで、在庫が少なくなった場合は必要本数のみ配送し、売り切れと過剰供給を防ぐ。

 先行導入した企業では「かつては飲料を購入するためだけにコンビニに行っていたが、導入によって往復の時間が削減された」といった評価があるという。

photo 在庫管理の仕組み(=ニュースリリースより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

Digital Business Days

- PR -