ニュース
» 2018年12月13日 16時10分 公開

ハイブリッド専用車が復活:ホンダ、新型「インサイト」発売 ミドルセダンの新モデルへ進化 (1/2)

ホンダは12月14日、新型ハイブリッドセダン「INSIGHT(インサイト)」を発売する。

[ITmedia]

 ホンダは12月13日、ハイブリッド車(HV)の新型「INSIGHT(インサイト)」を14日に発売すると発表した。先代のインサイトは2014年に生産を終了していたが、ミドルセダンの新型車として復活する。販売目標は月1000台。

photo ホンダの新型「インサイト」

 HV専用車のインサイトは、1999年に初代モデル、2009年に2代目モデルを発売。3代目となる新型は、環境対応車が多様化し、普及が進んでいることを背景に、「シンプルで時代に流されない、本質的な魅力を備えたクルマ」を目指して開発したという。

photo ホンダの新型「インサイト」

 パワートレーンには、独自のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載。ガソリン1リットル当たりの燃費性能は、JC08モードで34.2キロ。WLTCモード(市街地・郊外・高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際基準)では、28.4キロとなる。

 また、道路状況やドライバーの操作に応じて「EVドライブモード」「ハイブリッドドライブモード」「エンジンドライブモード」の3つのモードを使い分けることができる。

 車内は、部品の改良と配置の工夫によって広い空間を確保した。HVの主要部品のIPU(インテリジェントパワーユニット)を小型化し、後席の下に配置したことで、快適な室内空間を実現。容量519リットルのトランクルームも設置した。

photo 新型「インサイト」のインテリア

 安全装備については、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備。衝突軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、歩行者事故低減ステアリングなどの機能で、安全運転をサポートする。

 希望小売価格は326万1600円〜362万8800円(税込)。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

職種特集

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -