ニュース
» 2018年11月28日 14時53分 公開

「魂動デザイン」が深化:マツダ、新型「アクセラ」世界初公開 デザイン一新、「SKYACTIV-X」搭載 (1/4)

マツダが新型「Mazda3」を世界初公開。セダンとハッチバックの2種類で、2019年初頭から北米で順次発売予定。圧縮着火の実用化に成功したガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載している。

[ITmedia]

 マツダは11月28日、新型「Mazda3」(日本名「アクセラ」)を米ロサンゼルスオートショー(11月30日〜12月9日)の前夜祭で世界初公開した。セダンとハッチバックの2種類で、2019年初頭から北米で順次発売する予定。

photo 新型「Mazda3」(日本名「アクセラ」)セダンとハッチバック
photo 新型「Mazda3」(日本名「アクセラ」)セダンとハッチバック

 2003年に発売し、累計販売台数が600万台を突破した世界戦略車。国内市場では「アクセラ」(セダン)「アクセラスポーツ」(ハッチバック)の名で知られる。

 新型では「魂動(こどう)デザイン」の表現方法をさらに深化させ、シンプルなフォルムや繊細なボディ造形を採用。「これまで以上に力強く、味わい深い生命感をつくり込んだ」としている。

 デザインは車種ごとに変えており、セダンはエモーショナルさ、ハッチバックはエレガンスさを表現しているという。

 次世代の車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」を搭載。パワートレーンにはガソリンエンジンとして世界で初めて「圧縮着火」の実用化に成功した「SKYACTIV-X」のほか、「SKYACTIV-G」「SKYACTIV-D」を設定しており、「クルマとしての基本性能を飛躍的に向上させた」としている。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

Digital Business Days

- PR -