デジタル変革の旗手たち

いまやデジタルテクノロジーを駆使して常にビジネスを変革していく力が、勝ち組企業の新たな条件となりつつあります。例えば、AIやIoTといった最新技術を活用して新サービスを開発したり、あるいは社内にはびこる業務課題をデータ解析ツールやビジネスコミュニケーションツールによって解決したりと、さまざまな取り組みを見せている企業が増えています。 そして、その担い手は従来のIT部門だけではありません。ビジネスとテクノロジーの知識を併せ持つ業務部門が強いリーダーシップを発揮しているのです。本特集では、そのようなキーマンたちにスポットライトを当て、企業の「デジタル変革」を追いかけます。

注目記事

人件費1億5000万円削減:

約60時間もあった月の平均残業時間を2年で20時間以下に減らし、1億5000万円もの人件費削減に成功した武蔵野。なぜ短期間で成果を挙げることができたのか。

(2017年3月23日)
看板から香りが……:

最新のデジタル技術を応用して、店舗のおもてなしを強化する提案が増えている。個別対応や感情に寄り添ったサービスにつながる技術とは……。

(2017年3月13日)
日本発のビジネス促進へ:

SOMPOホールディングスとデジタルハリウッドが、デジタルデータを活用できる人材を育成する社会人向け講座を4月に開講。ビッグデータや人工知能(AI)を活用した新規ビジネスを生み出す人材を育てることが狙いだ。

(2017年3月9日)
リテールテックJAPAN 2017:

小売・流通システムの総合展示会「リテールテックJAPAN 2017」が開幕。各社が披露した最新技術活用の販促ツールや人手不足の課題を解決するサービスとは?

(2017年3月8日)
問い合わせの6割をAIが対応:

不動産ベンチャー、イタンジ。“一律3万円”という業界の常識を覆す安価な仲介手数料と、ユーザーからの問い合わせの6割をAIで即時対応するサービスが人気となり急成長している。業界に新しい風を吹き込むの同社の創業者、伊藤嘉盛社長にサービス誕生の背景を聞いた。

(2017年2月27日)

関連記事

JR東日本が運行する電車の利用者数は一日あたり約1710万人。しかし、それだけの顧客数がいるにもかかわらず、一人一人の顔はほとんど見えない。そんな中、個々の顧客サービスを高めるために同社がリリースしたサービスが「山手線トレインネット」だ。実はそのサービスの裏には同社が注力するある技術が活用されているという。

(2016年4月27日)
観客が増える理由も分かる:

新日鉄住金ソリューションズが、AIの機械学習を使用し、Jリーグの年間入場者数を予測する技術を開発した。同社の試合日程作成システム「日程くん」に導入し、より多くのファンの来場が見込まれる試合日程の立案につなげる。

(2017年2月17日)
宇宙ビジネスの新潮流:

自動車分野にとどまらず、デジタル&ソフトウェア化の波は衛星業界にも押し寄せてきている。世界各国のプレイヤーたちの動向を見てみよう。

(2016年10月7日)
Gartnerが発表:

米Gartnerが恒例の戦略的テクノロジートレンドを発表。2017年のトップ10とは?

(2016年10月31日)

注目のテーマ