ニュース
» 2004年08月10日 17時48分 UPDATE

XP SP2導入でブルースクリーン――ユーザーからの障害報告

Windows XP SP2をインストールしたらブルースクリーンが表示され、アンインストールしたらSP1も削除され、ネットワークカードなどのデバイスも消えた、といった報告がユーザーから寄せられている。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Windows XPの最新アップデートとなるService Pack 2(SP2)が一部のアプリケーションに障害を引き起こすのは、Microsoftにも異論のないことだ。しかも同社は、ある自社製アプリケーションで不具合が起きることを確認した際に、SP2のリリースを遅らせている。

 しかし、SP2に関して結論を出すのはまだ時期尚早だ。現時点でこれをインストールしたシステム管理者を探し出すのは容易なことではない。だが、どんな規模の実可動環境であれ、実際にインストールしたユーザーの様子を見ると、確かにそうした障害が起きている。SP2のサイズと複雑さを考えれば、これは意外なことではない。

 SP2には広範な変更が加えられているため、Microsoftは開発者やITプロフェッショナルに向けて、SP2を徹底的にテストするよう勧めている。しかし、「Microsoftは、そうすることがどんなに難しいかをまったく理解していないようだ」と最近になって従業員1300人をWindows XP SP1に移行させたMetropolitan Healthのビル・リューコウスキCIO(情報統括責任者)は批判している。「OSのまったく新しいバージョンをインストールするのと同じようなサービスパックを、計画なしに、予算も組まずに導入できるわけがない。Microsoftにはいら立ちを感じる」

 Metropolitan Healthテクニカルサービスマネジャーのランディ・トルアックス氏は、「大抵の場合はただのフィックスの方がいい。開発者が自分たちのコードをテストしなくてはならないような新機能が加わると、われわれにとっては複雑さが増すことになる」と指摘する。またIBMも社員に向けて、SP2をインストールしないよう呼びかけている(関連記事参照)

 ユーザーから寄せられたこれまでの体験報告を聞く限り、最大の懸念事項は、新しいセキュリティ機能に関するものだ。セキュリティ機能がSP2の目玉になっていることを考えると、意外なこととは言えない。

 最も目立つ変更点の1つが、XPに組み込まれたファイアウォール機能だ。デフォルトでオンに設定されるようになったため、個人・企業を問わず、普段は使わないIPポートを使うアプリケーションで障害が起きる可能性が高い。さらに、ファイアウォール機能がブートサイクルにおいて以前よりもずっと早い段階で作動するようになっており、さらにIPスタックが無効になるまで起動したままになる。この点がネットワークリソースにアクセスする必要のあるマシンで、問題を起こすかもしれない。

 テストの結果によると、SP2には見慣れない機能や、まだ正体の分からない機能が含まれている。例えばあるテストセンターでは、SP2をインストールしたところ、死のブルースクリーンが表示されたと伝えている。Microsoftの勧める手順に従ってインストール前の環境に戻したところ、SP1までアンインストールされてしまった上に、「PC内の全デバイスがアンインストールされた。ネットワークカード、ビデオカード、すべてのシステムリソースがアンインストールされてしまった」という。

 このテストセンターではさらに、SP2はウイルス対策ソフト、ファイアウォール、ポップアップ遮断ソフトなど多くのセキュリティユーティリティに障害を引き起こす可能性が高いと指摘している。Nortonブランドのセキュリティ製品を提供するSymantecも、暗にこれを認め、同社はSP2をサポートしているが、「SP2のWindows Security Centerステータスユーティリティをネイティブでサポートする製品アップデート」をリリースするとの声明を出している。「このアップデートを向こう数週間のうちに世界中で提供し、Symantec製品がWindows Security Centerユーティリティにステータスを伝えられるようにする」と同社はこの声明で述べている。

 SP2とNorton製品の互換性問題を裏付ける証言として、あるユーザーはこう報告している。「Security Centerでは、Virus Protectionのエントリーが『ステータス確認――Norton AntiVirusは、インストールされているがステータスは不明だとレポートしている』と表示されている。しかし直接Nortonを調べると、正常に機能している」

 また別のフォーラムのユーザーは、「SP2をインストールしたが、すべて機能しているようだ」とコメントしている。ただし、ユーザーは何かが起きないと報告しない傾向にあるため、SP2が企業環境でどれだけうまく機能するかを伝える情報にはならない。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -