ニュース
» 2004年09月03日 03時48分 UPDATE

IBM DB2に複数の脆弱性、リスクは「高」

セキュリティ企業のNGSSoftwareによると、IBM DB2に、バッファオーバーフローを含む複数の脆弱性が存在しているという。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のNGSSoftwareは9月2日、IBMのデータベースシステム「DB2 Universal Database」に複数の脆弱性が存在しているとして、アドバイザリを公開した。

 これらの脆弱性は、DB2 8.1 FixPak 6以前/DB2 7.x FixPak 11以前に存在している。その中には、リモートから任意のコードを実行される可能性のある、2種類のバッファオーバーフローの問題が含まれており、同社ではそのリスクは「高」もしくは「クリティカル」だとしている。

 ただしNGSSoftwareの説明はそこまで。同じタイミングで指摘したOracle製品の脆弱性同様、ユーザーが修正作業を行う猶予期間として3カ月の間、詳細の公開を控えるということだ。

 IBMでは先週より、これら脆弱性を修正したバージョン8.1用バージョン7.x用のFixPakを公開している。

Copyright© 2014 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -
激変する企業ITシステムに対応するための知見を集約。 ITの新しい潮流に乗り遅れないために。