速報
» 2004年11月24日 09時24分 UPDATE

AppleのiCal、アップデートで脆弱性修復

[ITmedia]

 Apple Computerは11月22日、カレンダーソフトのiCal 1.5.4をリリースし、脆弱性を修復した。

 Appleに説明には「iCal 1.5.4は、ファイルやアプリケーションを自動で開くアラーム付きのイベントを読み込む際に、お使いのコンピュータを守る、セキュリティの強化を含みます」と書かれている。

 セキュリティ関連企業Secuniaのアドバイザリーによれば、修正前のiCalには任意のプログラムを実行させてユーザーのシステムを乗っ取る危険性があったという。危険度は「中程度」。

 アップデートのファイルサイズは7,7Mバイト。システム環境設定のソフトウェアアップデートからダウンロードできる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -