ニュース
» 2004年12月08日 17時12分 UPDATE

日本コモド、電子証明書を日本語JPドメイン名対応に

日本コモドは、SSLサーバ証明書発行サービス「EnterpriseSSL」を日本語JPドメインに対応させた。

[ITmedia]

 日本コモドは12月8日、SSLサーバ証明書発行サービス「EnterpriseSSL」を、日本レジストリサービス(JPRS)が運用している日本語JPドメインに対応させたことを発表した。

 EnterpriseSSLは、サーバの身元を明らかにするとともに、SSLによる暗号化通信を行うのに必要な電子証明書を発行するサービス。同サービスで証明書を取得したWebサイトには、サイト情報検証サービス「TrustSeal」が無償で提供される。

 これまでの電子証明書では、いったんPunycodで変換したASCII形式でドメイン名が記されていたため、もともとの名称が分かりにくかった。これに対し日本コモドでは、TrustSealで日本語JPドメイン名をサポートし、一般のユーザーでも一目見ただけでドメイン名を把握できるようにした。

 日本コモドとJPRSでは、一目で分かるという日本語JPドメイン名のメリットを生かしながら、SSLを用いたより信頼性のあるWebサイトの構築が可能になるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -