ニュース
» 2005年03月29日 19時56分 UPDATE

Winnyで患者50人分の検査データが流出――東京医科歯科大病院

東京医科歯科大病院の患者約50人分の検査データなどがインターネット上に流出していることが3月29日分かった。医師が自宅で使用しているPCがファイル共有ソフト「Winny」の新種ウイルスに感染していたため、流出したとみられる。

[ITmedia]

 東京医科歯科大学医学部付属病院の患者約50人分の検査データなどがインターネット上に流出していることが3月29日分かった。大学院生の医師が自宅で使用しているPCのファイル共有ソフト「Winny」が新種ウイルスに感染していたため、そこから流出した可能性が高い。

 流出していたのは、2000年8月〜2003年3月に「針生検検査」と呼ばれる病巣検査を受けた患者約50人分の結果データや名前など。検診の説明文、直腸かいようを内視鏡で撮影した写真1分、仲間内の会合の案内といった情報も含まれていた。毎日新聞社から28日に連絡があり、流出が判明した。

 同病院によると、学内ではWinnyを使用できない。医師は、学会への報告のためメモとデータを持ち帰っており、自宅のPCからインターネット上に流出したようだという。この医師は私用のPCでファイル共有ソフト「Winny」を使用しており、ウイルスに感染していた可能性が高い。同病院では、この医師を病院情報処理システム利用者登録から、抹消処分を行った。

 広報は、「流失した個人情報については現在調査している段階だが、該当する患者に対しては状況を説明したい」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -