速報
» 2005年06月10日 10時36分 UPDATE

Microsoft、「緊急」含む月次セキュリティアップデートを予定

Microsoftの6月のセキュリティアップデートでは、Microsoft Services for UNIXなどに関する「緊急」の修正を含む。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 Microsoftは「緊急」(critical)のWindowsアップデートを含む合計10個のセキュリティフィックスを、6月14日に予定されている月次のMonthly Security Bulletinで提供する。同社はMicrosoft Windows Malicious Software Removal Toolの改訂版もリリースする計画だ。同社が6月9日、明らかにした。

 アップデートの詳細は明らかではないが、Microsoft Services for UNIX、Microsoft Internet Security and Acceleration Server、Small Business Serverに関する深刻度「警告」(moderate)の脆弱性に対する修正が含まれる。Exchangeについての「重要」(important)なセキュリティアップデートも計画されているという。同社のWebサイトに情報が掲載されている。

 Microsoftは幾つかをユーザーがアクションを起こさずに不正コードが拡散する「緊急」の脆弱性としているが、中には緊急とされていながらも悪用はそれほど容易ではないものもある、とCybertrustの上級研究者でディスカッションリストのNTBugtraqの編集者でもあるラス・クーパー氏は語る。Microsoftが詳細を明らかにするまでは、これらのアップデートが重要なセキュリティの危険性を軽減してくれるかどうかは分からないと同氏は述べている。

 「重要なことは詳細な説明に書かれている」とクーパー氏。

 アップデートの詳細は14日にリリースされ、15日に予定されている月次のMicrosoft Security Bulletin Webcastで解説される予定だ。

 セキュリティアップデートのさらなる情報は、ここで入手できる。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ