ニュース
» 2005年06月17日 20時15分 UPDATE

コムスクエア、Web改ざんの検出も可能な監視ツール「PATROLCLARICE」を発売

コムスクエアは、サーバやネットワークの監視ツール「PATROLCLARICE」を開発し、日立ハイテクノロジーズを通じて販売を開始した。

[ITmedia]

 コムスクエアは、サーバやネットワークを監視し、障害発生やWeb改ざんなどの事態を検出する監視ツール「PATROLCLARICE」を開発し、日立ハイテクノロジーズを通じて販売を開始した。

 PATROLCLARICEは、サーバの稼動状況やネットワークのトラフィックを監視し、あらかじめ定めた閾値を超えたり、トラフィックの急増などが合った場合に警告を発するツール。監視対象となるサーバなどに専用ソフトを導入する必要がない、エージェントレス型の製品で、手間をかけずに導入できる点が特徴という。

 また、あらかじめユーザーが設定したコマンドやシェルを監視対象機器で実行し、その結果を監視するといったことも可能だ。これにより、少ない手間で柔軟な監視作業を実現できる。

 PATROLCLARICEではさらに、Webサイトが改ざんされていないかどうかも確認できる。それもトップページだけでなく、そこからリンクが張られているページやフォーム入力操作についても監視を行えるという。

 PATROLCLARICEはRed Hat系Linux上で動作し、WindowsやLinux、Solarisなどのプラットフォームごとに監視モジュールが用意されている。価格は、監視対象が5ポイントの場合で9万8000円から。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -