ニュース
» 2005年06月21日 14時19分 UPDATE

既存PCとLinuxを活用、1台当たり6000円でシンクライアント環境を実現

オープンソース・ジャパンは、既存のPCとLinuxを活用し、1台当たり6000円からという低価格で実現できるシンクライアント環境の構築サービスを開始した。

[ITmedia]

 オープンソース・ジャパンは6月21日より、既存のPCとLinuxを活用して低価格で実現できるシンクライアント環境の構築サービスを開始した。

 情報漏えい対策の1つとして、処理をすべてサーバ側で行い、端末側には重要なデータを保存させないシンクライアントの活用に注目が集まっている。しかしシンクライアントの導入には専用端末/アプリケーションの導入が必要なことから、初期導入費用や運用コストが高くつく点が問題とされてきた。

 これに対しオープンソース・ジャパンのサービスでは、企業に既に導入されているPCを利用し、さらにLinuxベースのシステムを活用することで、安価にシンクライアント環境を構築できるという。ディストリビューションは顧客の要望に応じて選択できる。

 このサービスではPCをディスクレスとし、かつサーバ/クライアント双方でLinuxおよびOpenOffice/Firefoxといったオープンソースのアプリケーションを活用することでライセンス費用を削減。この結果、環境調査やサーバ構築費用も含め、5機種計100台までの導入で60万円から、1台当たり6000円からという低価格でシンクライアント環境を実現する。

 また、Windows上で動作する商用アプリケーションの利用が必要な場合には、オプションとしてシンクライアントからWindows 2003 Serverにアクセスしてアプリケーションを利用することも可能という。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -