速報
» 2005年07月01日 12時09分 UPDATE

5月のフィッシング攻撃、前月比で226%増加――IBM調査

IBMの調査によれば、いったん沈静化していたフィッシング攻撃が5月に入って急増したという。

[ITmedia]

 IBMは6月30日、5月分のGlobal Business Security指標を発表した。この統計によれば、フィッシング攻撃の増加率は前月比226%にも上っているという。

 フィッシングは2005年1月にピークに達したが、その後沈静化。5月に入って再び急増したとIBM。

 IBMの調査によれば、5月中に送信されたメールのうち、トロイの木馬を含むメッセージの数は全体の3.12%で、前月よりも33%増加しているという。さらに、標的となったシステムの不正利用は90%以上がアプリケーションのハッキングによるものだという。

 調査によれば、5月のスパムは受信メールの68.7%に達しているが、過去3カ月とさほど変わらない。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ