ニュース
» 2006年01月17日 15時49分 UPDATE

「Eudora」日本語版に脆弱性、破損画像ファイル読み込みで強制終了

ライブドアが国内販売を行っているメールソフト「Eudora」日本語版に、破損した画像ファイルを読み込むと処理が停止するという脆弱性が発見された。

[ITmedia]

 米Qualcommが開発し、ライブドアが国内販売を行っているメールクライアントソフト「Eudora」日本語版に、破損した画像ファイルを読み込むと処理が停止し、強制終了するという脆弱性が発見された。情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンターとJPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)が、1月17日にJVNを通じて明らかにしたもの。

 問題が存在するのは、「Eudora for Windows バージョン 6.2J rev 4.2」未満。破損した画像ファイルを含んだ電子メールを表示するとEudoraの処理が停止し、それ以上利用できなくなる。いわゆるDoS状態だ。この場合再起動を行っても、起動直後に再び破損した画像を読み込み処理が停止するため、当該メールを削除する必要がある。

 日本語版を販売しているライブドアでは、2005年11月16日付けで、問題を修正した最新バージョン、Eudora for Windows バージョン 6.2J rev 4.2をリリースしている。このリリースでは他に、From欄が正しく処理されていないメールを受信してもエラーメッセージを表示しない、添付された画像ファイルが開かなくなる現象の改善など、いくつかのバグフィックスが施されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -