速報
» 2006年02月01日 08時31分 UPDATE

Microsoft、文書破壊ワームに注意呼び掛け

WordやPDF文書を破壊するワームの機能は2月3日に実行される見通し。MicrosoftはWindows Live Safety Centerなどのサイトで同ワームに対処した。

[ITmedia]

 毎月3日になるとPCに保存されている文書を破壊してしまう新ワームが拡散していることを受け、米Microsoftがユーザーに対し、ウイルス対策ソフトの更新を促すセキュリティアドバイザリーを発行した。

 このワームはNyxem.E、Mywife.E@mm、Kama Sutraなどの名称が付いており、F-Secureなどのセキュリティ企業各社でも情報を公開して注意を呼び掛けている。

 同ワームは電子メールで拡散し、ソーシャルエンジニアリング的な手口でユーザーが添付ファイルを開くよう仕向ける。感染すると、システムのアドレス帳に保存されている相手に自らのコピーを送りつけるほか、ネットワーク共有経由でも感染する。

 毎月3日になると、.docや.pdfなどの文書ファイルを破壊する機能を持っており、まず2月3日にこれが実行される見通しだとMicrosoftは警告。ユーザーがウイルス対策ソフトで最新のアップデートを適用していれば感染リスクは軽減できるとして、自分が使っているウイルス対策ソフトの確認を促している。

 また、Microsoftがβ版を公開中のWindows Live Safety Centerのサイトでは、「Protection Scan」を使ってシステムが感染していないかどうかチェックできる機能を提供。Windows OneCare Liveのβ版でもMywifeワームを検出できるが、英語のシステムのみの対応となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -