ニュース
» 2006年02月01日 12時44分 UPDATE

日本IBM、POWER5+を搭載したIBMSystem i5を発表

日本IBMは、これまで「IBM eServer iSeries」として展開されていたラインを「IBM System i5」と名称変更し、4モデルを発表した。

[ITmedia]

 日本IBMは2月1日、従来に比べ最大約3.4倍の高い価格性能比を持つビジネスサーバ「IBM System i5」、および独自OS「i5/OS」の最新版「i5/OS V5R4」を発表した。いずれも出荷開始は2月14日を予定している。

IBM System i5 今回発表された「IBM System i5」4モデル

 これまで「IBM eServer iSeries」として展開されていたラインが「IBM System i5」と名称変更された。今回の発表では4モデルが用意されている。

 すべてのモデルで従来のPOWER5プロセッサに比べ、約1.2倍の処理能力を持つPOWER5+プロセッサを搭載しているほか、570と呼ばれるモデルでは、業界で初めて2.2GHzのPOWER5+を採用している。そのほか、エントリーモデルである520において、必要に応じてCPUの処理能力を約5倍に拡張できる「アクセラレーター」を搭載している。

 i5/OS V5R4では、i5/OS独自のデータベースがSQL2003に対応したほか、従来独自の64ビット版のみであったJVM(Java仮想マシン)に加え、32ビット版JVMも実装している。

 価格はエントリーモデルの520で389万2100円から。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ