ニュース
» 2006年02月16日 07時00分 UPDATE

Vistaの大幅遅延がWindows XP Homeのサポート期間を延命

Windows Vistaのリリースが当初の予定より大幅に延期されたことにより、Windows XPの両エディション(HomeおよびProfessional)とも、Vistaのリリース後2年間にわたりメインストリームサポートが提供されることになった。

[Paul DeGroot,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Windows XP Home Editionのサポート期間が延長され、後継製品となるWindows Vistaのリリース後2年間、継続してメインストリームサポートが提供される予定だ。これは、コンシューマー製品向けのMicrosoftのサポートライフサイクルに対する事実上の変更となり、多くのWindows XP Home Editionユーザーが直面していた問題の1つが解消される。例えば、Home Editionのユーザーは、安全なOSでコンピュータを実行するには新しいコンピュータを購入する必要があるなど、費用のかかるアップグレードが2006年に発生する見通しだった。今回の変更により、その必要性がひとまず消えることになる。

 今回の変更は、Windows XPの後継製品であるWindows Vistaのリリースが当初の予定よりも大幅に延期されていることによるものだ。Microsoftはこの変更をライフサイクルポリシー自体の変更ではなく、これまでの同ポリシーの告知方法に対する変更であるとしている。Vistaは当初2004年にリリースが予定されていたが、現在のリリース予定は2006年末である。これは、まさにWindows XP Homeの5年間のメインストリームサポート(Microsoftから重要なセキュリティ更新プログラムが提供される期間)が終了する時期と重なる。Microsoftのサポートライフサイクルを説明するWebサイトでは、Windows XP Homeのメインストリームサポート期間の終了日が2006年12月31日とされていた。対照的にWindows XP Professionalは、同社のビジネスソフトウェア製品向けのルールに従って、後継製品のWindows Vistaがリリースされてから2年間、つまり2009年までメインストリームサポートフェーズが継続される予定だった。

 予定どおり2006年末にWindows XP Homeのメインストリームサポートが終了した場合、ユーザーは以下のような苦しい選択を迫られることになっただろう。

  • Windows XP Homeを引き続き使用し、サポート期間の終了後もMicrosoftからセキュリティ更新プログラムが提供されることを期待する。
  • 約200ドルを支払い、Windows XP Professionalにアップグレードする。
  • Vistaにアップグレードする。この場合、ユーザーの多くはPCハードウェアのアップグレードも必要になることが前提になる。
  • Vistaがプリインストールされた完全に新しいPCを購入する。

 Microsoftは現在、サポートライフサイクルポリシーの文書内の規定にかかわらず、Windows XP Homeのようなコンシューマー製品も後継製品のリリース後2年間のサポートを提供するとしている。同社は、今回のWindows XP Homeのサポート期間の変更を踏まえ、同社のWebページの変更を始めている。これで、ユーザーに新しいシステムまたはOSに移行するまで2年間の猶予期間が生まれることになる。

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -