速報
» 2006年04月07日 08時09分 UPDATE

HPのプリンタに情報流出の脆弱性

HPのColor LaserJet 2500/4600プリンタでインストールされるToolboxソフトのWindows版に脆弱性が存在し、リモートから情報を盗まれる恐れがある。

[ITmedia]

 米Hewlett-Packard(HP)のプリンタ用ソフトに脆弱性が見つかり、セキュリティ企業のSophosが4月6日、情報を公開して注意を呼び掛けた。

 脆弱性はHPのColor LaserJet 2500/4600プリンタでインストールされるToolboxソフトのWindows版に存在する。デフォルトの状態で、リモートから任意のファイルを取得されてしまう恐れがあるという。

 HPではこの問題を修正したソフトアップデートのバージョン3.1を公開し、ユーザーに適用を勧告している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -