速報
» 2006年04月14日 18時25分 UPDATE

Operaに危険度高の脆弱性

仏セキュリティ機関FrSIRTによると、Operaブラウザにバッファオーバーフローの脆弱性が発見された。この脆弱性は、最も危険度が高いとされる「Critical」に分類されている。

[ITmedia]

 仏セキュリティ機関FrSIRTは4月13日、Operaブラウザでバッファオーバーフローの脆弱性が発見されたと報告した。

 同機関はこの脆弱性を最も危険度の高い「Critical」としている。この問題は、過度に長いCSS属性を処理する際にバッファオーバーフローのエラーが起きることが原因。攻撃者はこれを悪用して、特殊な細工をしたWebページを介して、脆弱なシステム上で任意のコマンドを実行できるという。

 この脆弱性の影響を受けるのはOperaのバージョン8.53以前。Opera Softwareは最新版のバージョン8.54でこの問題を修正している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -