ニュース
» 2006年04月19日 07時00分 UPDATE

Fiat車の次はあるか? MS車載OSの2本立て戦略 (1/2)

Windows Mobile for Automotive(WMFA)は、標準ハードウェアリファレンスデザインを採用しており、Windows Automotiveよりも低コストで実装できる。だが、今のところ顧客は1社しかない。

[Matt Rosoff,Directions on Microsoft]
Directions on Microsoft 日本語版

 Microsoftの新しい車載端末向けソフトウェアプラットフォーム「Windows Mobile for Automotive(WMFA)」により、Fiat車ドライバーはBluetooth対応の携帯電話と携帯音楽プレーヤーをハンズフリーで操作できるようになる。WMFAは標準ハードウェアリファレンスデザインを採用しており、Microsoftの従来の車載端末向けプラットフォームよりも低コストで実装できる。だが、獲得した顧客はまだ1社だけであり、将来のバージョンは大幅に異なったものになる可能性があることから、WMFAが本格的なプラットフォームなのかどうかには疑問符がつく。

8年が経過したWindows Automotive

 Microsoftは1998年に同社初の車載端末向けソフトウェアプラットフォームをリリースした。現在では「Windows Automotive」と呼ばれる同社の車載端末向けプラットフォームは、Windows CEをベースに構築されており、各種の車載端末機能に対応する500以上のコンポーネントで構成されている。こうした機能には、ドライバーの注意力低下の防止(走行中の全画面表示の無効化など)、ナビゲーションシステム用の3Dグラフィックス表示、コンピュータ診断システムのデータの読み込み、表示などが含まれる。2005年7月にリリースされた最新バージョンのWindows Automotive 5.0では、ユーザーインタフェース開発ツールキットが追加されたほか、より大量の仮想メモリがサポートされ、音声認識や3Dナビゲーション表示の向上など、アプリケーションの一層の高度化が可能になった。

 2006年1月時点でWindows Automotive採用デバイスは、アルパインやパイオニアのアフターマーケット向けナビゲーションシステムや、自動車メーカー8社の標準またはディーラーオプションの車載デバイスなど、61モデルに達している。だが車載端末向けソフトは、Microsoftの大きな収入源ではない。2005年6月期(Microsoftが車載端末向け事業の財務データを報告した最後の会計年度)には、Windows Automotiveと位置情報ソフト製品であるMapPointの売上高は約8000万ドルで、モバイル&組み込み部門の売上高の24%程度となり(MapPointはその後MSN部門に移管された)、同社の同年度の全売上高(397.9億ドル)に占める割合は微々たるものだった。2003年のGartnerのレポートでは、Windows CEの車載市場でのシェアは16%とされていた。この市場は非常に細分化されており、QNXやWind Riverといったプラットフォームベンダーの製品や、Linuxベースのカスタムソリューションが競合している。

 それでも、Microsoftはこの市場への取り組みを継続している。この市場には大きな可能性があるからだ。2005年には米国だけでも1700万台近くの自動車が販売されており、世界販売台数は1億台を超えたもようだ。その一部に採用されるだけでも、車載ソフトはMicrosoftにとって大きなビジネスになる。

WMFAの目玉は開発コストの低減

 MicrosoftとFiatは2006年3月、Fiatの新車のいくつかのモデルにWMFAベースの「Blue&Me」システムがオプションで搭載されると発表した。

 WMFAはWindows Automotiveをベースにしているが、特定のハードウェアリファレンスデザインに対応しており、限られた機能セットしかサポートしていない。Microsoftによると、このアプローチは自動車メーカーの製品化のスピードアップと開発コストの低減につながる(Windows Automotiveとは異なり、WMFAはアフターマーケットメーカーには販売されていない)。

       1|2 次のページへ

Copyright(C) 2007, Redmond Communications Inc. and Mediaselect Inc. All right reserved. No part of this magazine may be reproduced, stored in a retrieval system, or transmitted in any form or by any means without prior written permission. ISSN 1077-4394. Redmond Communications Inc. is an independent publisher and is in no way affiliated with or endorsed by Microsoft Corporation. Directions on Microsoft reviews and analyzes industry news based on information obtained from sources generally available to the public and from industry contacts. While we consider these sources to be reliable, we cannot guarantee their accuracy. Readers assume full responsibility for any use made of the information contained herein. Throughout this magazine, trademark names are used. Rather than place a trademark symbol at every occurrence, we hereby state that we are using the names only in an editorial fashion with no intention of infringement of the trademark.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ