ニュース
» 2006年04月24日 09時33分 UPDATE

Winnyの脆弱性は深刻、リモートからのコード実行につながる――eEyeがアドバイザリ

米eEye Digital Securityが公開した「Winny」の脆弱性に関するアドバイザリによると、この脆弱性はリモートからのコード実行につながる深刻なものだという。

[ITmedia]

 米eEye Digital Securityは米国時間の4月21日、P2P型ファイル共有ソフト「Winny」に存在する脆弱性に関するアドバイザリを公開した。

 4月21日には、JVN(Japan Vendor Status Notes)や情報処理推進機構(IPA)が、Winny 2.0 b7.1およびそれ以前のバージョンにバッファオーバーフローの脆弱性が存在するとし、情報を公開していた。ただしこれらの公開情報では、バッファオーバーフローの結果どういった被害につながるかまでは確認されていなかった。

 脆弱性の発見者であるeEyeのアドバイザリによると、この脆弱性はリモートから任意のコードを実行されるおそれがあり、緊急性は「高」だ。

 Winnyのファイル転送ポートのコマンドの1つに、入力値の長さが未チェックとなる関数が存在する。細工を施されたデータを受け取るとヒープオーバーフローが発生し、任意のプログラム、例えばウイルスなどの悪意あるプログラムをWinnyが稼働している権限で実行される恐れがある。

 eEyeではこの脆弱性を悪用して実際にコードを実行できることを確認したという。「この脆弱性は一般的なヒープオーバーフローであり、悪用は容易だ」(同社のアドバイザリ)

 なおeEyeが脆弱性を発見し、IPAに届け出たのは3月22日のこと。しかし、4月11日にはIPAを通じて作者側から「(脆弱性を悪用しての)コードの実行は不可能」という回答が返ってきたほか、4月16日にはIPAから「諸般の都合によって、作者はこの脆弱性を修正することができない」という連絡があったという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ